【感想】『審議官 隠蔽捜査9.5』今野敏|国家の支柱、キャリアの仕事ぶりを見よ!

204 views
審議官―隠蔽捜査9.5―|今野敏

ケイチャン

ケイチャン

【2023年54冊目】

今回ご紹介する一冊は、

今野敏 著

『審議官 隠蔽捜査9.5』です。

PR

【感想】「国家の支柱、キャリアの仕事ぶりを見よ!」

警察小説

反骨のキャリア官僚、竜崎伸也が主人公の
隠蔽捜査シリーズのスピンオフ短編集です
上司、同僚、部下、そして家族から見た
信念の男、竜崎を描く物語

本作の時代は竜崎が
警視庁大森署署長から
神奈川県警刑事部長に
移動したころになります

9つの短編の
スピード感あるストーリー展開
となっており
短時間で楽しめます

「国家の支柱、キャリアの仕事ぶりを見よ!」

本シリーズの魅力は
竜崎の人となりでしょう

忖度しない
前例に倣わない
媚びない
へりくだらない

偏屈と紙一重の竜崎ですが
びびっと1本筋の通った姿に
清涼感があります
気持ちの良い人ですね

今回も警察内部の
うっとおしい人間関係が
中心となる筋立てが多いが
横紙破りな竜崎の態度に
スカッとします

こんな人が上司だったら・・
と、あなたもそう思うはず

作品紹介(出版社より)

米軍から特別捜査官を迎えた件で、警察庁に呼び出された竜崎伸也。審議官からの追及に、竜崎が取った行動とは――(表題作)。竜崎の周囲で日々まき起こる、本編では描かれなかった9つの物語。家族や大森署、神奈川県警の面々など名脇役も活躍する、大人気シリーズ待望のスピンオフ。本書のための特別書き下しも収録!

作品データ

タイトル:『審議官 隠蔽捜査9.5』
著者:今野敏
出版社:新潮社
発売日:2023/1/18

作家紹介

今野敏 (こんの・びん)

1955年北海道生れ。
1978年上智大学在学中に「怪物が街にやってくる」で問題小説新人賞を受賞。
2006年『隠蔽捜査』で吉川英治文学新人賞 受賞 。
2008年『果断―隠蔽捜査2―』で山本周五郎賞と日本推理作家協会賞を受賞。
さまざまなタイプのエンターテインメントを手がけているが、警察小説の書き手としての評価も高い。

今野敏の作品

『 怪物が街にやってくる 』 (短編集)(1985年7月)
『隠蔽捜査 – 隠蔽捜査1』(2005年9月)
『 果断– 隠蔽捜査2 』 (2007年4月)



『 精鋭 』(2015年2月)
『 マインド– 警視庁捜査一課・碓氷弘一6 』(2015年5月)
『 豹変 』(2015年6月)
『 潮流– 東京湾臨海署安積班 』(2015年8月)
『 プロフェッション– ST警視庁科学特捜班 』(2015年8月)
『 寮生– 一九七一年、函館。 』(2015年10月)
『 臥龍– 横浜みなとみらい署暴対係 』(2016年2月)
『 防諜捜査– 倉島警部補5 』(2016年4月)
『 マル暴総監 』(2016年5月)
『 真贋– 萩尾警部補シリーズ 』(2016年6月)
『 去就– 隠蔽捜査6 』(2016年7月)
『 継続捜査ゼミ 』(2016年10月)
『 サーベル警視庁 』(2016年12月)
『 回帰– 警視庁強行犯係・樋口顕 』(2017年2月)
『 アンカー– スクープシリーズ4 』(2017年5月)
『 変幻– 同期シリーズ 』 (2017年6月)
『 武士マチムラ– 琉球空手シリーズ 』(2017年9月)
『 道標– 東京湾臨海署安積班(短編集) 』(2017年12月)
『 棲月– 隠蔽捜査7 』(2018年1月)
『 カットバック– 警視庁FC2 』(2018年4月)
『 任侠浴場 』(2018年7月)
『 エムエス– 継続捜査ゼミ2 』(2018年10月)
『 キンモクセイ 』(2018年12月)
『 スクエア– 横浜みなとみらい署暴対係 』(2019年2月)
『 呪護– 祓師・鬼龍光一 』(2019年3月)
『 機捜235 』(2019年3月)
『 炎天夢– 東京湾臨海署安積班 』(2019年6月)
『 清明– 隠蔽捜査8 』(2020年1月)
『 焦眉– 警視庁強行犯係・樋口顕 』(2020年4月)
『 任侠シネマ 』(2020年5月)
『 黙示– 萩尾警部補シリーズ 』(2020年6月)
『 オフマイク– スクープシリーズ5 』(2020年7月)
『 帝都争乱– サーベル警視庁2 』(2020年9月)
『 天を測る 』(2020年12月)
『 大義– 横浜みなとみらい署暴対係(短編集) 』(2021年3月)
『 宗棍 』(2021年6月)
『 ロータスコンフィデンシャル 』(2021年7月)
『 暮鐘 東京湾臨海署安積班 』(2021年8月)
『 ボーダーライト』(2021年10月)
『 探花– 隠蔽捜査9』(2022年1月)
『 無明– 警視庁強行犯係』(2022年3月)
『 確証 上・下』(2022年5月)
『石礫 機捜235』(2022年5月)
任侠楽団』(2022年6月)
マル暴ディーヴァ』(2022年09月)
秋麗 東京湾臨海署安積班』(2022年11月)
審議官』(2023年1月)
『署長シンドローム』(2023/03/08)

PR
カテゴリー:
関連記事