【感想】『探花(たんか)隠蔽捜査9』今野敏|上司とは責任を背負う者である

367 views
探花―隠蔽捜査9―|今野敏

ケイチャン

ケイチャン

【2022年53冊目】

今回ご紹介する一冊は、

今野敏 著

『探花(たんか)隠蔽捜査9』です。

PR

【感想】「上司とは責任を背負う者である」

警察小説

人気の隠蔽捜査シリーズの9作目です

神奈川県警の刑事部長となった、竜崎
赴任してすぐに起きた殺人事件は
在米軍の関係が疑われるものだった

日米地位協定があり、政治的に問題となるケースですね
難しい判断が求められます

さらに同期でトップの成績で入庁した、八島が神奈川県警に来た
そして竜崎をこの事件の矢面に立たせたのだ
八島!なにを企んでいる?

「上司とは責任を背負う者である」

物語はこの事件を捜査するうちに出てくる
しがらみ、警察の縦割り社会の弊害
出世競争の足の引っ張り合い

そんな呪縛を物ともせず
竜崎が持ち前の正義感で
どんどんと正面突破し解決してゆく
気持ち良いストーリーです

初めは竜崎を警戒し
ああ、なんかうるせえ上司が来たよ、困るね
的な態度だった神奈川県警の皆さんが
あれれ?こいつヤルやん、今までの上司と違うな!
と態度を変え、竜崎を見直してゆき
事件が解決する頃には、すっかり心酔してゆく過程が
好きなんですよね~
竜崎・・かっちょええ

みなさんの上司は
尊敬できる方ですか?

作品紹介(出版社より)

神奈川県警刑事部長となった竜崎のもとに現れた、同期入庁試験トップの八島という男。福岡県警から赴任してきた彼には、黒い噂がつきまとっていた。さらに横須賀で殺人事件が発生、米海軍の犯罪捜査局から特別捜査官が派遣されることに――。次々と降りかかる外圧に、竜崎は警察官僚(キャリア)としての信念を貫けるのか。新展開の最新刊。

作品データ

タイトル:『探花(たんか)隠蔽捜査9』
著者:今野敏
出版社:新潮社
発売日:2022/1/19

作家紹介

今野敏 (こんの・びん)

1955年北海道生れ。
1978年上智大学在学中に「怪物が街にやってくる」で問題小説新人賞を受賞。
2006年『隠蔽捜査』で吉川英治文学新人賞 受賞 。
2008年『果断―隠蔽捜査2―』で山本周五郎賞と日本推理作家協会賞を受賞。
さまざまなタイプのエンターテインメントを手がけているが、警察小説の書き手としての評価も高い。

今野敏の作品

『 怪物が街にやってくる 』 (短編集)(1985年7月)
『隠蔽捜査 – 隠蔽捜査1』(2005年9月)
『 果断– 隠蔽捜査2 』 (2007年4月)



『 精鋭 』(2015年2月)
『 マインド– 警視庁捜査一課・碓氷弘一6 』(2015年5月)
『 豹変 』(2015年6月)
『 潮流– 東京湾臨海署安積班 』(2015年8月)
『 プロフェッション– ST警視庁科学特捜班 』(2015年8月)
『 寮生– 一九七一年、函館。 』(2015年10月)
『 臥龍– 横浜みなとみらい署暴対係 』(2016年2月)
『 防諜捜査– 倉島警部補5 』(2016年4月)
『 マル暴総監 』(2016年5月)
『 真贋– 萩尾警部補シリーズ 』(2016年6月)
『 去就– 隠蔽捜査6 』(2016年7月)
『 継続捜査ゼミ 』(2016年10月)
『 サーベル警視庁 』(2016年12月)
『 回帰– 警視庁強行犯係・樋口顕 』(2017年2月)
『 アンカー– スクープシリーズ4 』(2017年5月)
『 変幻– 同期シリーズ 』 (2017年6月)
『 武士マチムラ– 琉球空手シリーズ 』(2017年9月)
『 道標– 東京湾臨海署安積班(短編集) 』(2017年12月)
『 棲月– 隠蔽捜査7 』(2018年1月)
『 カットバック– 警視庁FC2 』(2018年4月)
『 任侠浴場 』(2018年7月)
『 エムエス– 継続捜査ゼミ2 』(2018年10月)
『 キンモクセイ 』(2018年12月)
『 スクエア– 横浜みなとみらい署暴対係 』(2019年2月)
『 呪護– 祓師・鬼龍光一 』(2019年3月)
『 機捜235 』(2019年3月)
『 炎天夢– 東京湾臨海署安積班 』(2019年6月)
『 清明– 隠蔽捜査8 』(2020年1月)
『 焦眉– 警視庁強行犯係・樋口顕 』(2020年4月)
『 任侠シネマ 』(2020年5月)
『 黙示– 萩尾警部補シリーズ 』(2020年6月)
『 オフマイク– スクープシリーズ5 』(2020年7月)
『 帝都争乱– サーベル警視庁2 』(2020年9月)
『 天を測る 』(2020年12月)
『 大義– 横浜みなとみらい署暴対係(短編集) 』(2021年3月)
『 宗棍 』(2021年6月)
『 ロータスコンフィデンシャル 』(2021年7月)
暮鐘 東京湾臨海署安積班 』(2021年8月)
ボーダーライト』(2021年10月)
探花– 隠蔽捜査9』(2022年1月)
『 無明– 警視庁強行犯係』(2022年3月)

PR
カテゴリー:
関連記事