【感想】『優莉結衣 高校事変 劃篇』松岡圭祐|このスパイ高校がオモシロ過ぎるww

214 views
優莉結衣 高校事変 劃篇|松岡圭祐

ケイチャン

ケイチャン

【2023年45冊目】

今回ご紹介する一冊は、

松岡圭祐 著

優莉結衣 高校事変 劃篇』です。

PR

【感想】「このスパイ高校がオモシロ過ぎるww」

JKスーパーバイオレンスアクション!!

高校事変シリーズのスピンオフ作品です
今回は本編10巻でホンジュラスの首都
テグシガルパを灰燼に帰したあと結衣が
満身創痍で脱出するシーンから始まります

え!結衣ちゃん、北朝鮮行の貨物船に
乗っちゃって大丈夫なの?

ところがこの貨物船は北朝鮮軍の
工作員が乗船するスパイ船だったのです
ここで結衣が死亡した北朝鮮女子高校生
スパイと入れ替わるとゆーミラクルな
イベントが発生し、かくして
北朝鮮(偽)JKスパイ学校編が
スタートするのですww

「このスパイ高校がオモシロ過ぎるww」

日本で活動するスパイになるために
北朝鮮の高校生たちが学習するのは
日本の最新ファッション&コスメ
新しい若者言葉にイントネーション
そして破壊工作の武器知識などです

現役JKの結衣ちゃんには
お茶の子さいさいですな笑

しかも
平成最狂のテロリストを父に持ち
カルト宗教団体の教祖を母に持つ
ナチュラルボーンキラーの結衣は
得意科目ばかりで成績優秀者となる

本作の面白さは
日本の高校を模したホンモノの学生たちと
北朝鮮JKと入れ替わったニセモノの結衣が
トンデモない授業を受けるとゆー
破天荒な設定にあると思います

作者の松岡圭祐が笑いながら
ノリノリで執筆する姿が
目に浮かぶよう
僕も悪ノリは大好きですww

しかしこんな綱渡りのような
学生生活が続くはずもない

え?アイツは日本人のテロリスト
優莉結衣じゃん!
なんでココにいるの?ヤバいよ!
と、驚愕する北朝鮮の皆さま

そして北朝鮮軍のとった
極端な解決策とは
関係者全員の抹殺でした
よし、全てを灰にしてしまえッ!

学生と教師を全員殺害し
校舎もろとも爆破して
これを日本のせいにして
そんで日本に核攻撃しよう
・・もうデタラメですな笑

結衣らを殺すために北朝鮮軍は
空挺部隊、爆撃機、攻撃ヘリを
出撃させる
日本6大都市への核弾道ミサイル
も発射寸前・・かつてない危機を
乗り越えることが出来るのでしょうか?

よもやの北朝鮮JK編ですが
とても楽しめました
授業でちょっとズレた日本文化が
紹介されてクスっと笑えたり
面白かったですね

また空挺部隊に
友達になった北朝鮮学生と
共に反撃するシーンは
スカッとしました
アクション作品の醍醐味ですね

そしてトドメに来るのが
度肝を抜く帰国シーンです
さて結衣ちゃんは何に乗って
日本に帰ってくるのでしょうか?
もうハチャメチャだよう笑笑

独裁国家で国民に犠牲を強いる
高慢ちきな軍人どもを許しはしない!
赤いスカーフの制服を返り血に染め
大空に飛び立つ、優莉結衣の雄姿に
あなたもきっと、撃ち抜かれる

作品紹介(出版社より)

「高校事変」、最後のピース。

史上最強の女子高生、優莉結衣。ホンジュラスでメキシコの過激派組織ゼッディウムと死闘を繰り広げた後、日本への帰国の道筋が不明だった結衣は、北朝鮮にいた。父・匡太の後継者、長男・架祷斗との最終決戦を前に、そこでいったい何があったのか――。空白を埋める衝撃の新事実が明らかに! 謎に包まれたかの国での壮絶バトル。点と点が線になり、過酷な宿命を背負ったJKの生き様が浮かび上がる、苛烈なスピンオフ!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

作品データ

タイトル:『優莉結衣 高校事変 劃篇(かくへん)』
著者:松岡圭祐
出版社:KADOKAWA
発売日:2023/1/24

作家紹介

松岡 圭祐(まつおか・けいすけ)

1968年12月3日、愛知県生まれ。
1997年『催眠』で小説家としてデビュー、ミリオンセラーに。
「催眠」「千里眼」「万能鑑定士Q」の三大シリーズをコンスタントに発表し続け、いずれも大ヒットを記録。大藪春彦賞候補作『千里眼』シリーズは累計628万部を超える人気作となった。
2014年「万能鑑定士Q」シリーズでBOOK☆WALKER文芸賞を受賞。
2019年、『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』が全米で翻訳出版される。近著に『探偵の探偵』『水鏡推理』『ジェームズ・ボンドは来ない』『黄砂の籠城』『ヒトラーの試写室』「グアムの探偵」「高校事変」シリーズなどがある。

松岡 圭祐の作品紹介

■高校事変シリーズ
■ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論シリーズ
■グアムの探偵シリーズ
■探偵の鑑定シリーズ
■水鏡推理シリーズ
■探偵の探偵シリーズ
■特等添乗員αシリーズ
■万能鑑定士Qシリーズ
■新・千里眼シリーズ
■蒼い瞳とニュアージュリーズ
■マジシャンシリーズ
■千里眼シリーズ
■催眠シリーズ

『水の通う回路 完全版 上(2009/9/20)
『被疑者04の神託 煙 完全版(2009/8/22)
『ミッキーマウスの憂鬱(2008/8/28)
『天使の守護のアリエッタ(2006/8/1)
『霊柩車No.4(2006/10/25)
『人造人間キカイダー The Novel(2013/7/25)
『ジェームズ・ボンドは来ない』(2015/11/25)
『黄砂の籠城 上』(2017/4/14)
『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』(2017/6/15)
『八月十五日に吹く風』(2017/8/9)
『生きている理由』(2017/10/13)
『ヒトラーの試写室』(2017/12/21)
『黄砂の進撃』(2018/3/15)
『義和団の乱 黄砂の籠城・進撃 総集編 』(2018/3/17)
『瑕疵借り』(2018/5/15)
出身成分』(2022/1/21)
『ミッキーマウスの憂鬱ふたたび』(2021/9/29)
『アルセーヌ・ルパン対明智小五郎 黄金仮面の真実』(2021/11/20)
JK』(2022/5/24)
JK II』(2022/09/21)
『優莉凛香 高校事変 劃篇 』(2022/10/24)
『探偵の探偵 桐嶋颯太の鍵』( 2022/11/22)
優莉結衣 高校事変 劃篇 』(2023/1/24)

関連記事