【感想】『出身成分』松岡圭祐|床が天井にひっくり返る、大どんでん返しにおののくのだ!

290 views
出身成分|松岡圭祐

ケイチャン

ケイチャン

【2022年81冊目】

今回ご紹介する一冊は、

松岡圭祐 著

『出身成分』です。

PR

【感想】「床が天井にひっくり返る、大どんでん返しにおののくのだ!」

北朝鮮を舞台とした社会派ミステリー

みなさんは社会主義についてどんなイメージがありますか?
『みんな平等』とか、そう思いますよね
そんな社会主義国家の北朝鮮に、江戸時代の士農工商を凌ぐ
ガチンゴチンの身分制度があるなんて、僕はびっくりしました

主人公は保安署員(日本の公安みたいな刑事かな)のクム・ヨンイル
実直で少しお堅い性格で、自分の職務に倫理をもって当たっています
最近よそよそしい妻と、少し距離が出来てしまった年ごろの娘が悩み
そんな彼には、けっして出世が望めない理由がありました

『核心階層』
『動揺階層』
『敵対階層』
北朝鮮はこの3階層が設けられ、さらに51の出身成分に細分化されている
仰々しい命名が鉄の檻を連想させるようです
この出身成分が、北朝鮮の人々に決定的な差別を作っています

保安署員は核心階層のみ就ける職業ですが、ヨンイルの父が問題であった
医師であった父は大物政治家の殺人容疑で拘留中だったのです
もし父の容疑が事実であったなら、ヨンイルは家族共々『敵対階層』に転落です
それは死にも等しいこと、貧困と搾取、侮蔑される存在になってしまう

「床が天井にひっくり返る、大どんでん返しにおののくのだ!」

11年前の殺人・強姦事件の再調査を命じられるヨンイル
杜撰な捜査と、強姦被害者の女性チョヒへの迫害に怒りを覚える
その原因は我が国北朝鮮の体制にあるのか?
疑心暗鬼の保身に図る村人たちに、苦労しながらも聞き取りを進める

しかし読み進めるうちに僕は気が付くのです
これはヨンイルに巡らされた罠ではないか?と
次第にちらつくのは、殺人容疑で拘留されている父の過去です
まさか・・真犯人は父なのか?

父を真犯人として、一家共々『敵対階層』に落ちるのか?
それとも無実の人を罪を被せる所業に堕ちるのか?
究極の2択に良心を苛むヨンイルだったが
実はこれ、鉄壁の体制を誇る国家の策略であった!

調査結果を報告するヨンイルの前に現れた人物
その人が明かす衝撃の真実に、あなたは2度そして3度
度肝を抜かれることでしょう!

身分制度はどの国家にも存在する
僕らの住む日本についても言及されます
親ガチャ、学歴社会、経済格差の固定化
知らず内に、僕らも身分制度の檻に繋がれているのでしょうか?

真実を知ったヨンイルは、国家の檻から脱出することが出来るのか
あなたも隣国の出身成分に、自分の姿を映す鏡を見ることでしょう

作品紹介(出版社より)

史上初、平壌郊外での殺人事件を描くミステリ文芸!この国に生を受けただけなのに、希望はどこにある――


平壌郊外の保安署員クム・ヨンイルは11年前の殺人・強姦事件の再捜査を命じられた。犯人として収容されている男と面会し記録を検証するが、捜査の杜撰さと国家の横暴さを再認識するだけだった。実はヨンイルの父は元医師。最上位階級である「核心階層」に属していたが、大物政治家の暗殺容疑をかけられ物証も自白もないまま収容されている。再捜査と父への思いが重なり、ヨンイルは自国の姿勢に疑問を抱き始める。そしてついに、真犯人につながる謎の男の存在にたどりつくが……。鉄壁な国家が作り出す恐怖と個人の尊厳を緻密に描き出す、衝撃の社会派ミステリ長編。

作品データ

タイトル:『出身成分』
著者:松岡圭祐
出版社:KADOKAWA
発売日:2019/6/28

作家紹介

松岡 圭祐(まつおか・けいすけ)

1968年12月3日、愛知県生まれ。
デビュー作『催眠』がミリオンセラーに。
大藪春彦賞候補作『千里眼』シリーズは累計628万部を超える人気作となった。

松岡 圭祐の作品紹介

■高校事変シリーズ
■ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論シリーズ
■グアムの探偵シリーズ
■探偵の鑑定シリーズ
■水鏡推理シリーズ
■探偵の探偵シリーズ
■特等添乗員αシリーズ
■万能鑑定士Qシリーズ
■新・千里眼シリーズ
■蒼い瞳とニュアージュリーズ
■マジシャンシリーズ
■千里眼シリーズ
■催眠シリーズ

『水の通う回路 完全版 上(2009/9/20)
『被疑者04の神託 煙 完全版(2009/8/22)
『ミッキーマウスの憂鬱(2008/8/28)
『天使の守護のアリエッタ(2006/8/1)
『霊柩車No.4(2006/10/25)
『人造人間キカイダー The Novel(2013/7/25)
『ジェームズ・ボンドは来ない』(2015/11/25)
『黄砂の籠城 上』(2017/4/14)
『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』(2017/6/15)
『八月十五日に吹く風』(2017/8/9)
『生きている理由』(2017/10/13)
『ヒトラーの試写室』(2017/12/21)
『黄砂の進撃』(2018/3/15)
『義和団の乱 黄砂の籠城・進撃 総集編 』(2018/3/17)
『瑕疵借り』(2018/5/15)
出身成分』(2022/1/21)
『ミッキーマウスの憂鬱ふたたび』(2021/9/29)
『アルセーヌ・ルパン対明智小五郎 黄金仮面の真実』(2021/11/20)

PR
カテゴリー:
関連記事