【感想】『もっと悪い妻』桐野夏生|いきなりビンタを張られる

178 views
桐野夏生『もっと悪い妻』

ケイチャン

ケイチャン

【2023年108冊目】

今回ご紹介する一冊は、

桐野夏生

『もっと悪い妻』です。

PR

【感想】「いきなりビンタを張られる」

6つの短編集

男の身勝手には付き合い切れない
悪い妻の上を行く
もっと悪い妻とは・・どんな女?
男と女についての短編集です

どれを読んでも桐野夏生!

『悪い妻』
ライブ会場で絡んだ
夫と妻の視線が
怖い

『武蔵野線』
おやじはキモい

『みなしご』
寂しいから家政婦が欲しいって
それはなくない?

『残念』
逃した魚は大きい

『オールドボーイズ』
死別する前に、心は別れていた

『もっと悪い妻』
夫公認の浮気は、楽しいだけ

「いきなりビンタを張られる」

バチンとビンタを喰らう
痛みと驚きに襲われる
けど
ちょっと、気持ちがいいんだww

そんな背徳の快楽がある
短く
キレのある
6編でした

桐野夏生の作品には
闇がある
けどその黒々とした
わだかまりを、僕は
じっと覗いてみたくなります

最後に
僕の妻について
俺の妻はめちゃめちゃ優しいなア
と思いました笑

あなたの妻は
どんな人ですか?

作品データ

タイトル:『もっと悪い妻』
著者:桐野夏生
出版社:文藝春秋
発売日:2023/6/23

作家紹介

桐野夏生(きりの・なつお)

1951年金沢市生まれ。
1993年「顔に降りかかる雨」で江戸川乱歩賞受賞。
1998年『OUT』で日本推理作家協会賞受賞。
1999年『柔らかな頬』で直木賞受賞。
2003年『グロテスク』で泉鏡花文学賞受賞。
2004年『残虐記』で柴田錬三郎賞受賞。
2005年『魂萌え!』で婦人公論文芸賞受賞。
2008年『東京島』で谷崎潤一郎賞受賞。
2009年『女神記』で紫式部文学賞受賞。
2010年、2011年『ナニカアル』で島清恋愛文学賞と読売文学賞の二賞を受賞。
2015年には紫綬褒章を受章。
2021年には早稲田大学坪内逍遥大賞を受賞。
『バラカ』『日没』『インドラネット』『砂に埋もれる犬』など著書多数。

桐野夏生の作品

『 熱い水のような砂 』 (1986年2月)
『 真昼のレイン 』 (1986年7月)
『 顔に降りかかる雨– ミロシリーズ1 』 (1993年9月)
『 天使に見捨てられた夜– ミロシリーズ2 』(1994年6月)
『 ファイアボール・ブルース 』(1995年1月)
『 OUT 』(1997年7月)
『 錆びる心 』(短編集)(1997年11月)
『 水の眠り 灰の夢– ミロシリーズ3 』(1998年10月)
『 ジオラマ 』(短編集)(1998年11月)
『 柔らかな頬 』(1999年4月)
『 ローズガーデン– ミロシリーズ4 』(短編集)(2000年6月)
『 光源 』 (2000年9月)
『 玉蘭 』 (2001年3月)
『 ファイアボール・ブルース2 』(短編集)(2001年8月)
『 ダーク– ミロシリーズ5 』(2002年10月)
『 リアルワールド 』(2003年2月)
『 グロテスク 』(2003年6月)
『 残虐記 』(2004年2月)
『 I’m sorry, mama. 』(2004年11月)
『 魂萌え! 』(2005年4月)
『 冒険の国 』(2005年10月)
『 アンボス・ムンドス– ふたつの世界 』(短編集)(2005年10月)
『 メタボラ 』(2007年5月)
『 はじめての文学 』(2007年8月)
『 東京島 』(2008年5月)
『 女神記 』(2008年11月)
『 IN 』(2009年5月)
『 ナニカアル 』(2010年2月)
『 優しいおとな 』(2010年9月)
『 ポリティコン 』(2011年2月)
『 緑の毒 』(2011年8月)
『 ハピネス 』(2013年2月)
『 だから荒野 』(2013年10月)
『 夜また夜の深い夜 』(2014年10月)
『 奴隷小説 』(短編集)(2015年1月)
『 抱く女 』(2015年6月)
『 バラカ 』(2016年2月)
『 猿の見る夢 』(2016年8月)
『 夜の谷を行く 』(2017年3月)
『 デンジャラス 』(2017年6月)
『 路上のX 』(2018年2月)
『 ロンリネス 』(2018年6月)
『 とめどなく囁く 』(2019年3月)
『 日没 』(2020年9月)
『 インドラネット 』(2021年5月)
砂に埋もれる犬 』(2021年10月)
燕は戻ってこない』(2022年3月)
真珠とダイヤモンド上』(2023年2月)
真珠とダイヤモンド下』(2023年2月)
もっと悪い妻』 (20233年6月)

PR
カテゴリー:
関連記事