【感想】『春のこわいもの』川上未映子|ここではない何処かに、急き立てられるのは何故?

259 views
春のこわいもの|川上未映子

ケイチャン

ケイチャン

【2022年86冊目】

今回ご紹介する一冊は、

川上未映子 著

『春のこわいもの』です。

PR

【感想】「ここではない何処かに、急き立てられるのは何故?」

コロナウィルス感染症が始まった頃の東京を舞台とした短編集です

なんで表紙がピンクの枕なんでしょうかね?
甘い夢から早く覚めろってことなのか
それとも辛い現実なんか寝てやりすごせってことなのか
さて

「ここではない何処かに、急き立てられるのは何故?」

2話めの『あなたの鼻がもう少し高ければ』が強烈でした
憧れの整形美人インフルエンサーの会いに行ったトヨちゃんが
彼女の手下にけちょんけちょんに容姿をけなされるシーンは
恐怖でした

それぞれ毛色の異なる6つの物語ですが
僕が共通して感じたのものは
少しでも良くならなければいけない
常に前へ進み、変わらなければいけない
そう時代に急き立てられて
苦悩する主人公たちでした

僕らはなんで現状のままでは、いけないんでしょうか?

美容に、年齢に、孤独に
様々な事象を常にカイゼンを求められ、それを美徳とされる今の世の中
常に走り続けることを要求されるようです
これは苦しい

それぞれの事情で苦悩する主人公たちは
同じ時代に生きる、もう1人の私と言えるでしょう

それにしても川上未映子の文章は素晴らしい
1人称で語られるそれは、友人の心からの独白を聞くようで
息遣いが感じられるようです
絶妙な言葉選びも、天才です

コロナ過の爛漫たる春のように
浮きたつことを咎められて
不安とともに過ごすことを余儀なくされた
今の時代を映す物語たちでした

作品紹介(出版社より)

感染症大流行(パンデミック)前夜の東京――〈ギャラ飲み〉志願の女性、ベッドで人生を回顧する老女、深夜の学校へ忍び込む高校生、親友を秘かに裏切りつづけた作家……。東京で6人の男女が体験する甘美きわまる地獄巡り。これがただの悪夢ならば、目をさませば済むことなのに。『夏物語』から二年半、世界中が切望していた新作刊行!

作品データ

タイトル:『春のこわいもの』
著者:川上未映子
出版社:新潮社
発売日:2022/2/28

作家紹介

川上 未映子(かわかみ・みえこ)

大阪府生まれ。「乳と卵」で芥川賞、『ヘヴン』で芸術選奨文部科学大臣新人賞および紫式部文学賞、『愛の夢とか』で谷崎潤一郎賞、『夏物語』で毎日出版文化賞など受賞歴多数。『夏物語』は英、米、独、伊などでベストセラーとなり、世界40ヵ国以上で刊行が予定されている。世界でもっとも新作が待たれている作家のひとり。他の作品に『すべて真夜中の恋人たち』、『あこがれ』、『ウィステリアと三人の女たち』、『みみずくは黄昏に飛びたつ』(村上春樹との共著)などがある。

PR

川上 未映子の作品紹介

『わたくし率イン歯-、または世界』(2007年7月)
『乳と卵』(2008年2月)
『ヘヴン(2009年9月)
『すべて真夜中の恋人たち』(2011年10月)
『愛の夢とか』(2013年3月)
『あこがれ』(2015年10月)
『ウィステリアと三人の女たち』(2018年3月)
『夏物語』(2019年7月)
春のこわいもの』(2022年2月)

好きな端末で読書をはじめよう

ケイチャン

ケイチャン

小説もビジネス書も、200万冊以上が自分の好きな端末でで読めるよ!

本を読みたいけれど、重くてかさばるから持ち運ぶのは…とお悩みの方にはAmazonの「Kindle Unlimited」がおすすめです。自分のスマホ・PC・タブレットで利用可能。特にスマホはいつでもどこでも、片手で読めるから便利ですよ!まずは30日間の無料体験からはじめてみてはいかがですか?

【Kindle Unlimited】200万冊以上が読み放題!30日間の無料体験はこちらから▼

オーディオブックで本を聴こう
ケイチャン

ケイチャン

小説もビジネス書も、12万以上の対象作品が聴き放題!

本を読みたいけれど、活字を読むのは少し苦手、忙しい中でのスキマ時間が活用できれば…とお悩みの方にはAmazonの「Audible」がおすすめです。Audibleはプロのナレーターが朗読した本をアプリで聞けるサービス。これなら移動中や作業中などいつでもどこでも読書ができます!まずは30日間の無料体験からはじめてみてはいかがですか?

【Audible】12万以上の対象作品が聴き放題!30日間の無料体験はこちらから▼

PR



カテゴリー:
タグ:
関連記事