【感想】『能面検事の奮迅』中山七里|埋められた真相を、掘り返させはしない!

253 views
中山七里『能面検事の奮迅』

ケイチャン

ケイチャン

今回ご紹介する一冊は、

中山七里 著
『能面検事の奮迅』 です。

PR

【感想】「埋められた真相を、掘り返させはしない!」

検事が、がんばるエンタメミステリーww

表情が読めない
一見冷徹な検事、不破俊太郎の活躍を
アシスタントかつ狂言回しの事務官
惣領美晴の視点から追う
能面検事シリーズ2作めです

時事ネタを虚実からめて
作品を構成するのが得意な
中山七里

今回は国有地を不当に安く払い下げた
財務職員と
証拠書類の改ざんを疑われた
大阪地検の検事の2人を
一見、冷酷
実は、人情派
能面こと不破が真実を暴く物語です

森友学園に大阪地検特捜部主任検事証拠改ざん事件が
元ネタでしょうね

「埋められた真相を、掘り返させはしない!」

あれ?検事かそんな捜査するの?
とか
お店に行ったらアレとか
掘ったらソレとか
なんで出で来ちゃうの?
なんて詮索は野暮というものでしょう

勢いあるストーリーに身を任せ
最後にきっちりドンを締める
読んで楽しく人情にホロリと来ちゃう
エンタメ作品です!

作品紹介(出版社より)

忖度しない! 空気を読まない! 完全無欠の司法マシン、再臨。大阪地検一級検事・不破俊太郎、政治とカネの闇にかき消された真実を暴く。”どんでん返しの帝王”が描く、人気検察ミステリーシリーズ第2弾。

学校法人荻山学園に対する大阪・岸和田の国有地払い下げに関し、近畿財務局職員の収賄疑惑が持ち上がり、大阪地検特捜部が捜査を開始。ところがその特捜部内の担当検事による決裁文書改竄疑惑が浮上。最高検から調査チームが派遣され、大阪地検一級検事の不破俊太郎は惣領美晴事務官と調査に乗り出し、信じがたいものを発見する……。「能面検事」再び! 現実の事件を彷彿させる物語に、能面検事・不破の鋭いメスが冴えわたる!

作品データ

タイトル:『能面検事の奮迅』
著:中山七里
出版社:光文社
発売日:2021/7/27

PR
カテゴリー:
関連記事