【感想】『星屑』村山由佳|S極とN極なのか?反発する磁力がパワーとなる!

227 views
星屑|村山由佳

ケイチャン

ケイチャン

【2022年127冊目】
今回ご紹介する一冊は、
村山由佳 著
『星屑』です。

PR

【感想】「S極とN極なのか?反発する磁力がパワーとなる!」

この少女をスターにするんだ!
芸能界のスターダムを駆け上がる
スター誕生のサクセスストーリー
直球全力勝負のド・エンタメ作です

時は昭和中期、男社会の芸能プロダクションで
雑用ばかりをこなす桐絵(きりえ)は腐っていた
そんな時、博多のライブハウスで出会ったのが
少年のような容貌の少女ミチルでした
素晴らしいハスキーボイスで桐絵は魂を持っていかれる

もう、一目惚れだった

独断でミチルを東京に連れて来る桐絵
なんとかミチルにレッスンを受けさせて
あわよくばデビューさせようとするが
そうは問屋が卸さない

なぜなら桐絵のプロダクションは
ひとりの美少女をデビューさせるために
会社の全力を上げていたのだ
それが高音の伸びが美しいが
傲慢でわがまま娘の真由(まゆ)でした

「S極とN極なのか?反発する磁力がパワーとなる!」

田舎者のミチルと
サラブレッドの真由
出会ったとたん2人は気が付く
こいつとは合わないな、と

しかし自分と真逆な歌声と
たしかな歌唱力が気にならないわけない
バッチバチと意識し合う2人
こいつには負けられない、と

でも2人には共通点があった
それがピンクレディー・・もとい
人気女性ディオのピンキーガールズの
ファンということでした

成り行きでピンキーガールズの曲を
歌うことになったミチルと真由
皆さんもうお分かりですね
そう化学反応で大爆発なのです!

ぶっつけ本番なのに凄まじいパフォーマンス
ここに新アイドルユニット
ティンカーベルが誕生するのだ

やはりサクセスストーリは面白い
本の帯にある、ド・エンタメの言葉どおりの
一気読み間違いなしの超娯楽作品です

昭和ドラマのようなミチルの出生の秘密もあり
ハラハラドキドキが止みません
そして村山由佳が描くキャラクターが
本当に魅力的なんですよ

一挙に成り上がりブレイクを達成する
ティンカーベルの姿に
あなたもきっと
ファンになる

作品紹介(出版社より)

田舎者のミチルと、サラブレッドの真由。
過酷な芸能界で、少女たちをスターダムに押し上げようとする女性マネージャーの前に立ちはだかる壁……。迫真の芸能界小説の誕生!
必死にもがく少女たちと、様々な思惑で動く大人たちが織りなす、息もつかせぬ痛快長編!
大手芸能プロ「鳳プロ」のマネージャーながらも、雑用ばかりでくさっていた桐絵は、博多のライブハウスで歌う16歳の少女・ミチルに惚れ込み、上京させる。鳳プロでは、専務の14歳の娘・真由を大型新人としてデビューさせることが決まっており、ミチルに芽はないはずだった。しかし彼女のまっすぐな情熱と声は周囲を動かしてゆく。反りが合わずに喧嘩ばかりの二人。妨害、挫折、出生の秘密、スキャンダル……その果てに少女たちが見るものは──。ド・エンタメのスター誕生物語が完成しました!

作品データ

タイトル:『星屑』
著者:村山由佳
出版社:幻冬舎
発売日:2022/7/6

作家紹介

村山由佳(むらやま・ゆか)

1964年、東京都生れ。立教大学卒。
1993年『天使の卵―エンジェルス・エッグ』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。
2003年『星々の舟』で直木賞を受賞。
2009年『ダブル・ファンタジー』で中央公論文芸賞、島清恋愛文学賞、柴田錬三郎賞を受賞した。他の著書に、『アダルト・エデュケーション』『放蕩記』『天翔る』『天使の柩』『ありふれた愛じゃない』『ワンダフル・ワールド』『La Vie en Rose ラヴィアンローズ』『嘘 Love Lies』『ミルク・アンド・ハニー』『燃える波』『風よあらしよ』『雪のなまえ』など。

村山由佳の作品紹介

『もう一度デジャ・ヴ』(1993年6月)
『天使の卵』(1994年1月)
『BAD KIDS』(1994年7月)
『キスまでの距離– おいしいコーヒーのいれ方』(1994年9月)
『野生の風』(1995年3月)
『青のフェルマータ』(1995年11月)
『きみのためにできること』(1996年11月)
『僕らの夏– おいしいコーヒーのいれ方』(1996年7月)
『翼– cry for the moon』(1997年9月)
『彼女の朝– おいしいコーヒーのいれ方』(1997年10月)
『夜明けまで1マイル– おいしいコーヒーのいれ方』(1999年4月)
『海を抱く– BAD KIDS』(1999年7月)
『緑の午後– おいしいコーヒーのいれ方』(2000年12月)
『約束』(2001年7月)
『すべての雲は銀の…(2001年11月)
『遠い背中– おいしいコーヒーのいれ方』(2002年3月)
『永遠。』(2003年2月)
『星々の舟(2003年3月)
『坂の途中– おいしいコーヒーのいれ方』(2003年5月)
『天使の梯子』(2004年10月)
『優しい秘密– おいしいコーヒーのいれ方』(2004年5月)
『聞きたい言葉– おいしいコーヒーのいれ方』(2005年5月)
『夢のあとさき– おいしいコーヒーのいれ方』(2006年5月)
『ヘヴンリー・ブルー』(2006年8月)
『蜂蜜色の瞳– おいしいコーヒーのいれ方 Second Season』(2007年5月)
『明日の約束– おいしいコーヒーのいれ方 Second Season』(2008年5月)
『ダブル・ファンタジー』(2009年1月)
『消せない告白– おいしいコーヒーのいれ方 Second Season』(2009年5月)
『遥かなる水の音』(2009年11月)
『凍える月– おいしいコーヒーのいれ方 Second Season』(2010年5月)
『アダルト・エデュケーション』(2010年7月)
『約束– 村山由佳の絵のない絵本』(2011年3月)
『雲の果て– おいしいコーヒーのいれ方 Second Season』(2011年6月)
『彼方の声– おいしいコーヒーのいれ方 Second Season』(2011年12月)
『放蕩記』(2011年11月)
『花酔ひ』(2012年2月)
『ダンス・ウィズ・ドラゴン(2012年5月)
『記憶の海 – おいしいコーヒーのいれ方 Second Season』(2012年6月)
『天翔る』(2013年3月)
『地図のない旅– おいしいコーヒーのいれ方 Second Season』(2013年6月)
『天使の柩』(2013年11月)
『ありふれた愛じゃない』(2014年3月)
『ワンダフル・ワールド』(2016年3月)
『ラヴィアンローズ』(2016年7月)
『嘘 Love Lies』(2017年12月)
『風は西から』(2018年3月)
『ミルク・アンド・ハニー』(2018年5月)
『燃える波』(2018年7月)
『はつ恋』(2018年11月)
『まつらひ』(2019年1月)
『ありふれた祈り– おいしいコーヒーのいれ方 Second Season』(2020年6月)
『風よ あらしよ』(2020年9月)
『雪のなまえ』(2020年12月)
『てのひらの未来– おいしいコーヒーのいれ方 Second Season:アナザーストーリー』(2022年5月)
星屑』(2022年7月)

関連記事