【感想】『風よあらしよ』村山由佳|熱いのです!伊藤野枝の生き様が‼︎|2020年オススメ本10選

231 views
村山由佳『風よあらしよ』

ケイチャン

ケイチャン

2020年ケイチャンのオススメ10選!
村山由佳『風よあらしよ』

PR

【感想】「熱いのです!伊藤野枝の生き様が‼︎」

女性活動家として
激動する明治大正を駆け
短く波乱万丈な生を散らした

「伊藤野枝」の一代記です

世間の常識に抗い
理不尽な強者に敢然と立ち向かう

「熱いのです!
伊藤野枝の生き様が‼︎」

作品紹介(出版社より)

明治・大正を駆け抜けた、アナキストで婦人解放運動家の伊藤野枝。生涯で三人の男と〈結婚〉、七人の子を産み、関東大震災後に憲兵隊の甘粕正彦らの手により虐殺される――。その短くも熱情にあふれた人生が、野枝自身、そして二番目の夫でダダイストの辻潤、三番目の夫でかけがえのない同志・大杉栄、野枝を『青鞜』に招き入れた平塚らいてう、四角関係の果てに大杉を刺した神近市子らの眼差しを通して、鮮やかによみがえる。著者渾身の大作。

【第55回吉川英治文学賞受賞】

【本の雑誌が選ぶ2020年度ベスト10第1位】

作品データ

タイトル:『風よあらしよ』
著者:村山由佳
出版社:集英社
発売日:2020/9/25

PR
カテゴリー:
関連記事