【感想】『箱庭の巡礼者たち』恒川光太郎|あなたは傍観者のままでいられるの?

247 views
箱庭の巡礼者たち|恒川光太郎

ケイチャン

ケイチャン

【2022年115冊目】

今回ご紹介する一冊は、

恒川光太郎 著

『箱庭の巡礼者たち』です。

PR

【感想】「あなたは傍観者のままでいられるの?」

異世界ファンタジー

偶然拾った箱の中に別の世界があったんだ

箱庭の世界、それは別の世界への扉
全てを捨てて箱庭世界へ旅立った少女と
その子孫たちの冒険を描く
6つの連作短編集です

異世界を旅する・・少年少女の夢ですね
僕は中年ですが今でも『早く異世界に転生しないかな』
と妄想しております←精神年齢が中学生で停止しとるww

恒川光太郎が描く異世界が普通であるわけない!

片道切符とわかっていても
異世界へと旅立つのは
僕の彼女だった

「あなたは傍観者のままでいられるの?」

箱庭世界から始まる異世界の冒険は
時空を超えて
世代を代えて
続いてゆく

アメーバが増殖するように
無秩序に繰り広げられる冒険譚
それはもう全く予想のつかないもの

時を跳ぶ銀時計
自我を持つAIロボット
不死の薬
など物語のキーとなるガジェットもたくさん

夢のような冒険だが
見方を少し変えると悪夢となりそうな
甘いような痛いような世界が
繰り広げられます

戻って来られないと分かっていても
旅立つ勇気が
あなたにはありますか?

作品紹介(出版社より)

神々の落としものが、ぼくらの世界を変えていく。

ある夜、少年は優しい吸血鬼を連れ、竜が棲む王国を出た。祖母の遺志を継ぎ、この世界と繋がる無数の別世界を冒険するために。時空を超えて旅する彼らが出会った不思議な道具「時を跳ぶ時計」、「自我をもつ有機ロボット」、そして「不死の妙薬」。人智を超えた異能(ギフト)がもたらすのは夢のような幸福か、それとも忘れられない痛みか。六つの世界の物語が一つに繋がる一大幻想奇譚。

作品データ

タイトル:『箱庭の巡礼者たち』
著者:恒川光太郎
出版社:KADOKAWA
発売日:2022/7/4

作家紹介

恒川 光太郎(つねかわ・こうたろう)

1973年東京都生まれ。
2005年「夜市」で第12回日本ホラー小説大賞を受賞し、デビュー。同作は単行本化され、第134回直木三十五賞候補になる。
2014年『金色機械』で第67回日本推理作家協会賞を受賞。
他の著作に『雷の季節の終わりに』『草祭』『秋の牢獄』『竜が最後に帰る場所』『無貌の神』『滅びの園』などがある。

PR

恒川 光太郎 の作品紹介

夜市(2005年10月)
雷の季節の終わりに(2006年10月)
秋の牢獄(2007年10月)
草祭(2008年11月)
南の子供が夜いくところ(2010年2月)
竜が最後に帰る場所(2010年9月)
異神千夜(金色の獣、彼方に向かう)(2011年11月)
ゆうれいのまち(2012年2月)
月夜の島渡り(私はフーイー)(2012年11月)
金色機械(2013年10月)
スタープレイヤー(2014年8月)
ヘブンメイカー– スタープレイヤー2(2015年11月)
無貌の神(2017年1月)
滅びの園(2018年5月)
白昼夢の森の少女(2019年4月)
真夜中のたずねびと(2020年9月)
化物園(2022年5月)
箱庭の巡礼者たち(2022年7月)

好きな端末で読書をはじめよう

ケイチャン

ケイチャン

小説もビジネス書も、200万冊以上自分の好きな端末でで読めるよ!

本を読みたいけれど、重くてかさばるから持ち運ぶのは…とお悩みの方にはAmazonの「Kindle Unlimited」がおすすめです。自分のスマホ・PC・タブレットで利用可能。特にスマホはいつでもどこでも、片手で読めるから便利ですよ!まずは30日間の無料体験からはじめてみてはいかがですか?

【Kindle Unlimited】200万冊以上が読み放題!30日間の無料体験はこちらから▼

オーディオブックで本を聴こう
ケイチャン

ケイチャン

小説もビジネス書も、12万以上の対象作品が聴き放題!

本を読みたいけれど、活字を読むのは少し苦手、忙しい中でのスキマ時間が活用できれば…とお悩みの方にはAmazonの「Audible」がおすすめです。Audibleはプロのナレーターが朗読した本をアプリで聞けるサービス。これなら移動中や作業中などいつでもどこでも読書ができます!今なら2ヵ月間の無料体験ができます!(2024年7/22まで)まずは無料体験のお試しからはじめてみてはいかがですか?

【Audible】12万以上の対象作品が聴き放題!2ヵ月間の無料体験はこちらから▼

PR



カテゴリー:
タグ:
関連記事