【感想】『炎上フェニックス』石田衣良|人のためにこそ、心を燃やせる!

293 views
石田衣良『炎上フェニックス』

ケイチャン

ケイチャン

今回ご紹介する一冊は、

石田衣良 
『炎上フェニックス 池袋ウエストゲートパーク17』です。

PR

【感想】「人のためにこそ、心を燃やせる!」

エンタメ現代小説

普段は果物屋の店員
その実は池袋屈指のトラブルシューター
さえない容姿のマコト

半グレ集団Gボーイズのリーダー
その姿はさながらトップモデル
キングことタカシ

吊り合いが取れないようで
絶妙に息が合う2人が
街の平和のために
世の不条理と闘う
人気シリーズ
IWGP(池袋ウエストゲートパーク)17作目

今回は
パパ活女子
ぶつかり男
デリバリー配達員
ネット炎上
と、今の検索上位ワードが
ずらりと並んだような内容の
4つの短編集です

現代の歪みを
物語として最速で提供するところが
このシリーズの魅力のひとつでもありますね

「人のためにこそ、心を燃やせる!」

なにもかも自分本位
自らの損得勘定でしか動かない
そんな世相の中で

揺るぎない信念のもと
他人のために走る2人に
喝采せずにはいられません

作品のタイトルにもなっている
4話め炎上フェニックス
SNS炎上の劫火に幾度と焼かれても
その都度、死鳥のごとく蘇るヒロインの力強さに
あなたの心もきっと強く飛び立ちます

作品紹介(出版社より)

――炎上、上等!
ストーカーと化したADが自殺。
「悪女」「尻軽」と大炎上し焼かれた女子アナ。
マコトが接触したネット放火魔のなかに
真の“モンスター”が存在した!
ネット社会の闇にGボーイズが打った手とは――-半グレ集団に脅かされる“パパ活女子”、
女性ばかりを狙う“ぶつかり男”、
トラブルに巻き込まれた“デリバリー配達員”……
現代を鮮やかに切り取る4編収録。累計440万部突破!
アニメ化、2.5次元舞台化…勢いが止まらない
IWGPシリーズ第17弾

作品データ

タイトル:『炎上フェニックス』
著者:石田衣良
出版社:文藝春秋
発売日:2021/9/8発売

PR
カテゴリー:
関連記事