【感想】『もしも徳川家康が総理大臣になったら』眞邊明人|リーダーとは、決定する者である

352 views
眞邊明人『もしも徳川家康が総理大臣になったら』

ケイチャン

ケイチャン

今回ご紹介する一冊は、

眞邊明人
『もしも徳川家康が総理大臣になったら』 です。

PR

【感想】「リーダーとは、決定する者である」

エンタメ経済小説

え!徳川家康が総理大臣?と
タイトルのインパクトがすごい
注目作品です

コンセプトは明確で
歴史上の偉人(英傑)に
現代の政治をさせたらどうなる?
これは歴史大好きな僕には
ドンと撃ち抜かれる
興味の尽きないところですね

内閣総理大臣 徳川家康
経済産業大臣 織田信長
財務大臣   豊臣秀吉
と戦国時代の3英傑はもちろんそろい踏み

幕末の坂本竜馬
鎌倉の北条政子と
日本史の綺羅星のごとき有名人が
コロナ禍に右往左往する現代を世直しする
痛快エンタメ経済小説です

「リーダーとは、決定する者である」

かつての英雄たちが、一刀両断に
政治を維新する爽快さと

景気の良い言葉で煽り
都合悪くなれば知らないふり
責任を取らない現代の政治家に
辛辣な問題提起をし

そしてなにより私たち
自分の利益と気分に左右され
当事者としての責任意識を持たない
我々を鋭く批判する
知的好奇心を刺激する良作です

作品紹介(出版社より)

2020年。新型コロナの初期対応を誤った日本の首都官邸でクラスターが発生。あろうことか総理が感染し、死亡する。かつてないほどの混乱の極みに陥った日本政府はかねてから画策していたAIとホログラムにより偉人たちを復活させ、最強内閣をつくる計画を実行する。徳川家康を筆頭に日本の歴史に名を刻む錚々たるメンバーで構成された最強内閣は、迅速な意思決定で、日本初のロックダウン、50万円給付金、リモート万博など、大胆な政策を次々と実行していく。最初は「過去の人間に政治ができるのか」と半信半疑だった国民も、偉人たちのえげつない決断力と実行力に次第に歓喜し、酔いしれていくが―。果たして最強内閣は、日本を救えるのか!?そして、この国のリーダーに相応しいのは誰なのか!?ビジネス、歴史、政治、ミステリー、あらゆるジャンルと時代の垣根を超えた教養溢れる新感覚エンターテインメント!

作品データ

タイトル:『もしも徳川家康が総理大臣になったら』
著者:眞邊明人
出版社:サンマーク出版
発売日:2021/3/16

PR
カテゴリー:
関連記事