【感想】『オーラの発表会』綿矢りさ|癖の強すぎる主人公、とても気に入りました!

255 views
綿矢りさ『オーラの発表会』

ケイチャン

ケイチャン

今回ご紹介する一冊は、

綿矢りさ 著

『オーラの発表会』です。

PR

【感想】「癖の強すぎる主人公、とても気に入りました!」

ちょっとズレていて、天然な、いわゆる
「残念な女子大生」海松子(みるこ)の
日々を描く物語です

癖の強すぎる主人公
とても気に入りました!

友人の「まね師」こと萌音との
フルスイングで三振するような
絶妙にかみ合わない凸凹コンビが
いいのだ!

真剣なのにどこか滑稽
流れるようにするると紡がれ
さすが芥川賞作家 綿矢りさ
もはや円熟を感じさせる
ストーリー展開です

楽しく読めました

#綿矢りさ#オーラの発表会 #読了

作品紹介(出版社より)

「人を好きになる気持ちが分からないんです」

海松子(みるこ)、大学一年生。
他人に興味を抱いたり、気持ちを推しはかったりするのが苦手。
趣味は凧揚げ。特技はまわりの人に脳内で(ちょっと失礼な)あだ名をつけること。
友達は「まね師」の萌音(もね)、ひとりだけ。
なのに、幼馴染の同い年男子と、男前の社会人から、 気づけばアプローチを受けていて……。

「あんまり群れないから一匹狼系なんだと思ってた」「片井さんておもしろいね」「もし良かったらまた会ってください」「しばらくは彼氏作らないでいて」「順調にやらかしてるね」
――「で、あんたはさ、高校卒業と大学入学の間に、いったい何があったの?」

綿矢りさデビュー20周年!
他人の気持ちを読めない女子の、不器用で愛おしい恋愛未満小説。

作品データ

タイトル:『オーラの発表会』
著者:綿矢りさ
出版社:集英社
発売日:2021/8/26

作家紹介

綿矢りさ(わたや・りさ)


1984年京都府生まれ。早稲田大学教育学部卒業。
2001年『インストール』で第38回文藝賞を受賞しデビュー。
2004年『蹴りたい背中』で第130回芥川賞を受賞。
2012年『かわいそうだね?』で第6回大江健三郎賞を受賞。
2020年『生のみ生のままで』(上・下)で第26回島清恋愛文学賞を受賞。

好きな端末で読書をはじめよう

ケイチャン

ケイチャン

小説もビジネス書も、200万冊以上自分の好きな端末でで読めるよ!

本を読みたいけれど、重くてかさばるから持ち運ぶのは…とお悩みの方にはAmazonの「Kindle Unlimited」がおすすめです。自分のスマホ・PC・タブレットで利用可能。特にスマホはいつでもどこでも、片手で読めるから便利ですよ!まずは30日間の無料体験からはじめてみてはいかがですか?

【Kindle Unlimited】200万冊以上が読み放題!30日間の無料体験はこちらから▼

オーディオブックで本を聴こう
ケイチャン

ケイチャン

小説もビジネス書も、12万以上の対象作品が聴き放題!

本を読みたいけれど、活字を読むのは少し苦手、忙しい中でのスキマ時間が活用できれば…とお悩みの方にはAmazonの「Audible」がおすすめです。Audibleはプロのナレーターが朗読した本をアプリで聞けるサービス。これなら移動中や作業中などいつでもどこでも読書ができます!今なら2ヵ月間の無料体験ができます!(2024年7/22まで)まずは無料体験のお試しからはじめてみてはいかがですか?

【Audible】12万以上の対象作品が聴き放題!2ヵ月間の無料体験はこちらから▼
プライム会員なら3ヵ月無料!(2024年7月22日まで)

PR



カテゴリー:
タグ:
関連記事