【感想】アダム・オイェバンジ『ブレーキング・デイ―減速の日― 下』|人もAIも、信頼関係が大切

126 views
ブレーキング・デイ 減速の日 下|アダム・オイェバンジ

ケイチャン

ケイチャン

【2023年100冊目】
今回ご紹介する一冊は、
アダム・オイェバンジ 著
『ブレーキング・デイ―減速の日― 下』です。

PR

【感想】「人もAIも、信頼関係が大切」

宇宙+青春SF

宇宙戦争を回避せよ!
武力衝突寸前の最中に
平和の希を捨てず、奔走する
機関士候補生の活躍を描く物語です

カンタンに戦争を始める大人たち

『減速の日』を目前にする
3隻の巨大宇宙移民船団
しかし彼らを狙う
もう1隻の船がいたのです

過去の経緯と、主義主張の違い
でもそれだからといって
戦争を始めるなんて
間違っている!

主人公のラヴィくんと
いとこでじゃじゃ馬娘のボズちゃんは
謎の少女の求めに従って
4隻めの船、ニュートン号へと向かうのだった

なんとしても戦争を止めさせるんだ!

しかし、母船からは
テロリストとして手配されるし
敵艦には超強力AI兵器『ドラゴン』が
待ち構えている

周囲全てが敵の中
ラヴィくんとボズちゃんは
困難なミッションを遂げることが
出来るのでしょうか?

「人もAIも、信頼関係が大切」

対話することもせず
疑心暗鬼にかられて
安易に戦争しようとする
大人たち

若い世代のラヴィくんは
そんな大人たちの言うことに
唯々諾々と従わない
オマエたちは間違っている!

ニュートン号の平和主義者
リゼットちゃんと協力して
戦争を回避しようと
奔走します

その鍵は、AI兵器『ドラゴン』

神話の竜のように
宇宙空間を自由に飛び
敵を焼き尽くす
恐ろしい存在です

戦争は間違っていると
竜たちを説得しなければならない

船団の生産与奪を握る
ドラゴンたちを納得させて
無事に『減速の日』を
迎えることが、出来るのでしょうか?

AIとどう向き合うか?
というテーマも盛り込んでいますが
理と情を持ってドラゴンと
対決するシーンは
本作のクライマックスの1つです

自分と主義主張が違う人と
どうやっていくのか?
未来になっても
難しい問題なんでしょうね

頭の固い大人たちと
自分より強く優れたAIたちに
若さゆえの信念で立ち向かう
ラヴィくんらを描いた
青春小説でもありました

あなたは仲間や大切な人と
腹を割って話していますか?

作品紹介(出版社より)

深宇宙を行く世代宇宙船に隠された謎

AI統制下の地球を逃れ、植民船団で地球を脱出して132年。全長25キロ、居住区輪8つを備えた世代宇宙船3隻は、長い旅の終わりを目前にしていた。インプラントで機器を操るクルーは、目的地くじら座タウ星へと船を減速させるため、停止中のドライヴ機関を再稼働させる“減速の日”の準備に追われている。そんななか機関部訓練生ラヴィは宇宙空間で一人の少女を見かけた……宇宙服なしの姿で!? 新時代の世代宇宙船SF

作品データ

タイトル:『ブレーキング・デイ―減速の日― 下』
著者:アダム・オイェバンジ
出版社:早川書房
発売日:2023/6/6

作家紹介

アダム・オイェバンジ

ナイジェリア出身の父親とスコットランド出身の母親のもと、英国スコットランドのコートブリッジに生まれる。バーミンガム大学とハーバード・ロー・スクールで学び、法廷弁護士として長年働いたのち、金融業界でテロ対策の専門家を務めながら、作家活動を始める。
本書『ブレーキング・デイ―減速の日』はその第1長篇。
近刊の第2長篇A Quiet Teacherはミステリで、マルチジャンルな活躍が期待される作家。

アダム・オイェバンジの作品紹介

ブレーキング・デイ―減速の日― 上』2023/6/6
ブレーキング・デイ―減速の日― 下』2023/6/6

PR
カテゴリー:
関連記事