【感想】『プロジェクト・ヘイル・メアリー 下』アンディ・ウィアー|地球でヒーローになるかバディのために死ぬか!

394 views
プロジェクト・ヘイル・メアリー 下|アンディ・ウィアー

ケイチャン

ケイチャン

【2022年13冊目】

今回ご紹介する一冊は、

アンディ・ウィアー 著

『プロジェクト・ヘイル・メアリー 下』です。

PR

【感想】地球でヒーローになるかバディのために死ぬか!

終末系xファーストコンタクト=本年最高のSF

アメリカ本国で発売後時を置かず
すでに映画化が決定したのも
むべなるかな
極上のSF作品です

僕は封切り日に観に行きます
極限状態にもかかわらず
相手を信じ、自分の限界を超えて
協力し合うグレースとロッキーに
合うために

以下、ものすごいネタバレです

上巻のあらすじ

太陽エネルギーを喰うアストロファージ
地球を救う糸口を探すため
12光年先のくじら座の恒星タウ・セチへ
そこで待っていたのは、なんと・・
同じ問題解決のためにエリド星系から来た
カニ型鉱物性星人だった!

もうね、この素晴らしい異星人との交流に
もらい泣きしそう
温かいんだ!2人の交流が

アストロファージを退治する方法を求めて
ギュッとタッグを組む2人

エリディアンのロッキーが
いい味を出しているんです
好奇心に溢れ
常に前向きに
努力する彼

しかし、彼は言うんですよ
僕が寝るのを見ていて欲しい
淋しいから・・と

23名の仲間と旅立つも
生き残ったのはロッキーただ一人
ヘイル・メアリー号を見つけた時
大喜びしたことでしょう

そしてグレース
下巻では彼が記憶を失った理由が明かされます
なんと無理やり宇宙船に乗せられていたのです
地球を救う大義のもと
強制的に片道切符を切られていたとは・・

一見明るい性格にみえるグレース
しかし本当は臆病で人見知り
だが彼はこの運命を受け入れたため
本当の友人を得ることとなる

アストロファージの研究は
予想通りのトラブル続き
宇宙船は壊れちゃうし
燃料も無くなっちゃう
しまいには2人とも
相手を救うため大怪我を負う
けれど・・信頼できるバディがいるじゃないか

そしてとうとう解決策を見出す2人
ロッキーの協力で地球に帰れる算段もつき
さあ、お互い戻るぞ
故郷の星を救うために

「地球でヒーローになるかバディのために死ぬか!」

涙の別れのあと
一路地球に向かうグレース
もう、お分かりですね
そう、最後の試練です

燃料が無くなってしまう
かろうじて危機を乗り越えたグレース
しかし、彼方で輝いていたロッキーの船が
見えない・・彼の燃料は切れてしまったのだ

ここで最後の選択を求められる
地球にはギリギリ戻れる
救星主としての輝く将来が
保障されているじゃないか

だがロッキーを救いに行ったら?
食料が持たない
確実な死が待っている

そしてグレースは悩まなかった・・

思いもよらないラストを迎えるこの作品
心温まる異星人とのファーストコンタクトに
深い満足を覚えることでしょう
グレースが放つ乾坤一擲の
ヘイルメアリーパスの行方を
あなたにも見ていただきたい

作品紹介(出版社より)

人類の希望は、遥か11・9光年の彼方――。
たったひとりの冴えた相棒と、謎の解明に挑む!

未知の地球外生命体アストロファージ――これこそが太陽エネルギーを食べて減少させ、地球の全生命を絶滅の危機に追いやっていたものの正体だった。
人類の英知を結集した「プロジェクト・ヘイル・メアリー」の目的は、ほかの恒星が光量を減少させるなか、唯一アストロファージに感染していないタウ・セチに赴き、その理由を探し出すことだ。
そして、〈ヘイル・メアリー〉号の乗組員のなか、唯一タウ・セチ星系にたどり着いたグレースは、たったひとりでこの不可能ミッションに挑むことになるかと思えた……。

2021年アメリカでの発売以来、NYタイムズをはじめ様々なベストセラー・リストに挙がり、ライアン・ゴズリング主演で映画化が進行中の、ファースト・コンタクトSFの新たな金字塔。

作品データ

タイトル:『プロジェクト・ヘイル・メアリー 下』
著者:アンディ・ウィアー
出版社:早川書房
発売日:2021/12/16

まだ上巻を読んでいない方はこちら↓


タイトル:『プロジェクト・ヘイル・メアリー 上』
著者:アンディ・ウィアー
出版社:早川書房
発売日:2021/12/16

電子書籍はこちら↓

作家紹介

Andy Weir(アンディ・ウィアー)

1972年6月16日、カリフォルニアに素粒子物理学者でエンジニアの息子として生まれる。
15歳で国の研究所に雇われ、現在までプログラマーとして働いている。
科学、とくに宇宙開発に強い関心を寄せる。
作家志望だったウィアーが初めて書いた小説が『火星の人』である。

アンディ・ウィアーの作品紹介

『火星の人』(2014/8/22)
『アルテミス 上』(2018/1/24)
『アルテミス 下』(2018/1/24)
プロジェクト・ヘイル・メアリー・上』(2021/12/16)
プロジェクト・ヘイル・メアリー・下』(2021/12/16)

関連記事