【本の感想】『尚、赫々たれ 立花宗茂残照』羽鳥好之|勝敗は時の運

43 views
尚、赫々【かくかく】たれ 立花宗茂残照|羽鳥好之

ケイチャン

ケイチャン

【2024年77冊目】

今回ご紹介する一冊は、

羽鳥好之 著

『尚、赫々(かくかく)たれ 立花宗茂残照』です。

PR

【感想】「勝敗は時の運」

歴史小説

天下分け目の大合戦、関ヶ原の戦い
敗れた戦国大名、立花宗茂の
負け戦のその後を描く
敗者たちの物語です

勝っても負けても
生きているだけで丸儲けでしょう!

西国無双と謳われる、立花宗茂(むねしげ)
もとは九州・大友氏の家臣であったが
出色の出来栄えから、養子に乞われ
立花家(戸次家)の主に迎えられました

ケイチャン

ケイチャン

よほど優秀であったのでしょう!

その後も戦功を重ねて豊臣秀吉から
柳川(現・福岡県柳川市)を賜り
8万石の戦国大名となります
いわゆる豊臣恩顧の西国大名ですね

さらに秀吉の朝鮮出兵にも参戦し
武勲を重ねる立花宗茂ですが
秀吉は死に
豊臣と徳川が対立し
そして迎える関ケ原・・

これまでのいきさつから
豊臣方となるが
関ケ原には参陣しないまま
負けとなります

立花家は改易(取り潰し)
宗茂は浪人となりますが
ここからがんばります
なんと家を再興してしまう!

旧領、柳川を回復します
関ケ原の後、取り潰された
あまたの大名のなかで
旧領を回復したのは宗茂だけです

ケイチャン

ケイチャン

よほど優秀であったのでしょう!

さらに時は経ち江戸幕府の3代将軍
徳川家光の御伽衆(相談役)として
重用されていました・・と、いう
ところから物語は始まります
(まだ始まってなかったのかよ笑)

ケイチャン

ケイチャン

関ケ原の話をいたせッ!

将軍、家光からの命令に
とまどう宗茂です
数十年前の戦ばなしを
なぜ今頃聞きたがるのか?

折しも先代将軍である大御所
徳川秀忠が体調を崩しており
代替わりの時期が迫っていました
・・よもや改易の先触れなのか?

不安があるも老境の身の上の宗茂
もう少なくなった戦国武将の責として
これまでの総決算とも言うべき
戦国の世語りをするのでした

「勝敗は時の運」

3章に分かれる本作

まずは関ケ原の戦い

家光は尊敬する祖父である
家康の心中を知るべく
宗茂に当時の仔細を語らせる

そこにゲストとして呼ばれるのが
関ケ原の合戦で毛利家の大将であった
毛利秀元(ひでもと)です
南宮山に布陣しながら戦闘に
参加しなかった理由が語られます

・・負けて悔しい!
その思いを何十年たっても
忘れられない2人の老将が虚しい

ケイチャン

ケイチャン

勝ち負けがはっきりするのは残酷ですね

さて第2章では

家光の姉である天寿院(千姫)が
大坂の陣で落城し炎上する
大阪城と豊臣方の物語が語られる

豊臣秀頼の妻であった天寿院
義母の淀姫は叔母にあたります
7歳で嫁いだので感覚的には豊臣一族です
・・落城の記憶が忘れられない

一族の運命に翻弄される
女性たちの姿が悲しい

ケイチャン

ケイチャン

この時代、女性は自分の運命を
自分で決められなかったのですね

そして最後の第3章では

大御所の秀忠が死に
家光に代替わりする際の
混乱が語られます

肥後熊本潘の加藤家改易が描かれ
大名家の苦悩が綴られてゆく
才能がない者が継いだ家は
みじめなんですね

まったく勝敗とは時の運
それなのにくっきりと分かたれる
勝者と敗者
世の中はままならないことだらけ

ケイチャン

ケイチャン

その中で生き抜く宗茂の姿に
諦めない気持ちをしぶとく持ち続ければ
道が開かれるのだと
希望が持てました

しかし宗茂は優秀ですから!!!

ケイチャン

ケイチャン

凡人の僕が些細な勝敗に
一喜一憂するのは、もう
仕方がないことでしょう
と、開き直ってみました笑

敗者にスポットを当てた本作

ケイチャン

ケイチャン

負けても命を取られない令和の
ほうがまだましかも知れませんが
負けを自己責任と言われるのは
今も戦国時代も、違うと思います

ケイチャン

ケイチャン

人間の運命なんて
紙一重なんですね

作品紹介(出版社より)

「天下分け目」に潜む“真実”を抉る!

関ケ原が戦場となったのは重なる偶発の結果だった!? 立花宗茂は将軍家光から〝天下分け目〟に関して考えを述べるよう命じられる。神君家康を軽んじる失言をすれば、将軍の勘気に触れる。だが真実を話さねばなるまい……天下無双と呼ばれた男の矜持が輝く歴史長篇

作品データ

タイトル:『尚、赫々たれ 立花宗茂残照』
著者:羽鳥好之
出版社:早川書房
発売日:2022/10/25

作家紹介

羽鳥好之(はとり・よしゆき)

1959年生まれ。群馬県出身。早稲田大学第一文学部卒。
1984年文藝春秋に入社し、「オール讀物」編集長、文藝書籍部長、文藝局長などを歴任。
2022年文藝春秋退社後、『尚、赫々たれ 立花宗茂残照』で作家デビュー。原型となる作品が2021年、日経小説大賞最終候補作となる。

PR

羽鳥好之の作品紹介

尚、赫々たれ 立花宗茂残照』2022/10/25

好きな端末で読書をはじめよう

ケイチャン

ケイチャン

小説もビジネス書も、200万冊以上が自分の好きな端末でで読めるよ!

本を読みたいけれど、重くてかさばるから持ち運ぶのは…とお悩みの方にはAmazonの「Kindle Unlimited」がおすすめです。自分のスマホ・PC・タブレットで利用可能。特にスマホはいつでもどこでも、片手で読めるから便利ですよ!まずは30日間の無料体験からはじめてみてはいかがですか?

【Kindle Unlimited】200万冊以上が読み放題!30日間の無料体験はこちらから▼

オーディオブックで本を聴こう
ケイチャン

ケイチャン

小説もビジネス書も、12万以上の対象作品が聴き放題!

本を読みたいけれど、活字を読むのは少し苦手、忙しい中でのスキマ時間が活用できれば…とお悩みの方にはAmazonの「Audible」がおすすめです。Audibleはプロのナレーターが朗読した本をアプリで聞けるサービス。これなら移動中や作業中などいつでもどこでも読書ができます!まずは30日間の無料体験からはじめてみてはいかがですか?

【Audible】12万以上の対象作品が聴き放題!30日間の無料体験はこちらから▼

PR



カテゴリー:
タグ: