【感想】『どんがら トヨタエンジニアの反骨』清武英利|あらゆる責任を負うもの、それがチーフエンジニアだ

135 views
どんがら トヨタエンジニアの反骨|清武英利

ケイチャン

ケイチャン

【2023年156冊目】

今回ご紹介する一冊は、

清武英利 著

『どんがら トヨタエンジニアの反骨』です。

PR

【感想】「あらゆる責任を負うもの、それがチーフエンジニアだ」

ノンフィクション

スポーツカーなんて売れるはずがない!
そんな逆風のなかトヨタ『86』の復活に
サラリーマン人生を賭けた男たちを描く
群像スポーツカーノンフィクションです

スポーツカーは、お好きですか?

男の子が憧れるスポーツカー
あなたは乗ったことがありますか?
・・不便ですよね笑

狭いし低いし
燃費は悪いし
利便性がない
困った車です

しかしめっちゃ面白いんだ!

僕はS13シルビアと
R34スカイラインと
2台のスポーツカーに乗りましたが
ホントに楽しい車でした
車って嗜好品ですよね

でもそんな贅沢が許されない時代があったんだ

世はスポーツカー冬の時代
トヨタ自動車もスポーツカーの
生産を中止してずいぶん経っていた
・・もうスポーツカーは作らないのか?

そんな中、トヨタがスバルの株式を取得
せっかくスバルなんて面白い自動車会社の
株式を持ってるんだから
活用しなきゃ、もったいなくない?

そこで浮上したのが
トヨタ&スバル共同開発の
新型スポーツカーの生産案
両社のいいトコどりしたら
簡単に作れちゃうんじゃない?

しかしそれは机上の空論
文化も思想も全く違う
2社のエンジニアは
プライドもあり激しく
衝突します

かと言ってトヨタ社内も
1枚岩ではなかったのでした
だいたいスポーツカーなんて
今、売れるはずないでしょう!

さあ、この共同開発は
どうなる?

「あらゆる責任を負うもの、それがチーフエンジニアだ」

自動車開発においては社長同然
それがトヨタ社内における
チーフエンジニアの権限です
新車開発は社業の華
憧れのポジションです

新型スポーツカーのプロジェクトを
任されたチーフエンジニアの多田には
秘めた野望があった
それが伝説のスポーツカー
『ハチロク』の復活でした

漫画『イニシャルD』の主人公
藤原拓海が駆るAE86トレノ&レビン
言わずと知れた名機ですね
この復活を狙ったのです

スバルの水平対向エンジンを
積んだFRスポーツカー
もうわくわくするような
車ですよね

物語はチーフエンジニアとして
奔走する多田とその部下が
いくつもの壁に突き当たりながらも
情熱を持って解決してゆく姿が
描かれます

会社内のことにとどまらず
多田の辛抱強い賢妻、浩美や
家族のことも描かれており
登場人物たちの奥行を
深めています

ちょうど現在
86を駆る主人公を描くアニメ
『MFゴースト』が放送されていますが
この車も名機と称され、伝説となることが
約束されていると思います

たかが自動車と言うなかれ
そこにはエンジニアたちの
情熱と魂が詰まっているんだ!

ものづくりの素晴らしさに
改めて気付くようなノンフィクションでした

作品紹介(出版社より)

会社のために働くな。

「絶対に売れない、儲からない」と言われた、時代に逆らう最後のスポーツカーを、命がけで造り上げた男がいる。
日本最大の自動車会社・トヨタでもがき、苦しみ、サラリーマンでありながらも夢を追い続けるエンジニアたちの、心ふるわすノンフィクション。

スポーツカー「86」「スープラ」の復活を手掛けた元トヨタチーフエンジニア・多田哲哉を主人公に、技術者やその家族の苦闘と人生の喜びを描いた「週刊現代」の人気連載「ゼットの人びと」を大幅に加筆修正。

これまで秘密のベールに包まれてきた、トヨタエンジニアの牙城「技術本館」内部で繰り広げられる人間模様、スポーツカー開発の詳細なプロセス、そしてトヨタを世界企業に押し上げた歴代チーフエンジニアたちの「仕事術」にも、綿密な取材で肉薄する。スポーツカーファンのみならず、人生と仕事に悩むすべての人へ贈る物語。

作品データ

タイトル:『どんがら トヨタエンジニアの反骨』
著者:清武英利
出版社:講談社
発売日:2023/2/17

作家紹介

清武英利(きよたけ・ひでとし)

1950年、宮崎県生まれ。
立命館大学経済学部卒業後、読売新聞社に入社。
中部本社(現・中部支社)社会部長、東京本社編集委員、運動部長などを経て、2004年8月より読売巨人軍取締役球団代表兼編成本部長。
2011年6月からは専務取締役球団代表兼GM・編成本部長・オーナー代行を務めた。同年11月、解任。

PR

清武英利の作品紹介

『巨人軍は非情か』 2008/12/01
『巨人軍改革戦記』 2011/12/22
『巨魁』 2012/03/16
『しんがり 山一證券 最後の12人』 2013/11/14
『「同期の桜」は唄わせない』 2013/12/12
『切り捨てSONY リストラ部屋は何を奪ったか』 2015/04/10
『プライベートバンカー カネ守りと新富裕層』 2016/07/13
『石つぶて 警視庁 二課刑事の残したもの』 2017/07/26
『トッカイ バブルの怪人を追いつめた男たち』 2019/04/24
『サラリーマン球団社長』 2020/08/26
『後列のひと 無名人の戦後史』 2021/07/28
どんがら トヨタエンジニアの反骨』 2023/02/17

好きな端末で読書をはじめよう

ケイチャン

ケイチャン

小説もビジネス書も、200万冊以上が自分の好きな端末でで読めるよ!

本を読みたいけれど、重くてかさばるから持ち運ぶのは…とお悩みの方にはAmazonの「Kindle Unlimited」がおすすめです。自分のスマホ・PC・タブレットで利用可能。特にスマホはいつでもどこでも、片手で読めるから便利ですよ!まずは30日間の無料体験からはじめてみてはいかがですか?

【Kindle Unlimited】200万冊以上が読み放題!30日間の無料体験はこちらから▼

オーディオブックで本を聴こう
ケイチャン

ケイチャン

小説もビジネス書も、12万以上の対象作品が聴き放題!

本を読みたいけれど、活字を読むのは少し苦手、忙しい中でのスキマ時間が活用できれば…とお悩みの方にはAmazonの「Audible」がおすすめです。Audibleはプロのナレーターが朗読した本をアプリで聞けるサービス。これなら移動中や作業中などいつでもどこでも読書ができます!まずは30日間の無料体験からはじめてみてはいかがですか?

【Audible】12万以上の対象作品が聴き放題!30日間の無料体験はこちらから▼

PR



カテゴリー:
タグ: