【感想】『信長、鉄砲で君臨する』 門井慶喜|え!火薬っておしっこから出来るんですか?

243 views
信長、鉄砲で君臨する|門井慶喜

ケイチャン

ケイチャン

【2022年41冊目】

今回ご紹介する一冊は、

門井慶喜 著

『信長、鉄砲で君臨する』です。

PR

【感想】「え!火薬っておしっこから出来るんですか?」

歴史小説

鉄砲から見た戦国時代の物語

種子島への鉄砲伝来から
生産、普及について
そしていち早く鉄砲を戦争に
使用した織田信長の
興隆と最後を描きます

種子島で轟音が響く
それは戦争の姿が一変する
号砲であった!

物語は初めて鉄砲を知り
その威力を一目で見抜いた
種子島時堯が、鉄砲の生産を
命じたところからスタートします

「え!火薬っておしっこから出来るんですか?」

日本刀の高度な鍛錬技術を応用することから
鉄砲自体の製造は、わりあいスムーズに進みます
しかし、火薬が作れなかった・・
火薬の原料となる『硝石』が
日本国内で製造出来なかったのです

平野耕太の漫画『ドリフターズ』でノブナガが
死体と糞から硝石を制作する仰天のシーンがありました
ああ、戦国時代はこうやって火薬を作っていたんだな
と思っていたけれど、実際は輸入していたんですね

輸入品で戦争をしていた・・
それじゃ土地本位の従来型の大名が勝てるはずない
伊勢湾交易や楽市・楽座で経済的に成功した
織田家が、金銭の力で勢力を伸ばすのも納得です

天下布武

武をもって日本統一を目指す織田信長
だがチカラによって立つ者は
チカラによって倒れる

本能寺の変によって
絶頂期のさなか、討たれる織田信長
それは武力の限界を意味していたのかも
知れないと僕は思いました

治めるべきもの
それは土地や経済ではなく
人の心であったのではないでしょうか

作品紹介(出版社より)

『家康、江戸を建てる』の著者が種子島に伝わった二挺の銃を通して、
織田信長と西洋文明の対峙と、日本の大転換期を描く傑作歴史小説

種子島銃の伝来は、日本と西洋文明との出会いだった。
天文十二年、種子島に鉄砲が伝来した。この時、領主・種子島時堯は日本を植民地化から守る選択をした。今後、鉄砲は“買う”のではなく“作る”のだと。その頃、織田信長は吉法師と呼ばれ、那古野に城を与えられたばかり。弱小ながらも、鉄砲に出会った吉法師は目を爛々と輝かせ、天下取りを確信した。以来、根来寺に鉄砲を作らせ、堺の商人・今井宗久らに火薬を調達させ、戦場で新たな戦法を試み、築城の方法まで変えていった――武士の魂を抱きつつ、ヨーロッパ文明を最大限に活用した信長と新しい道を歩み始めた日本を描く!

作品データ

タイトル:『信長、鉄砲で君臨する』
著者:門井慶喜
出版社:祥伝社
発売日:2022/2/9

作家紹介

門井 慶喜(かどい・よしのぶ)

1971年群馬県生まれ。同志社大学文学部卒。
2003年「キッドナッパーズ」で第42回オール讀物推理小説新人賞を受賞。
2016年『マジカル・ヒストリー・ツアー』で第69回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)を受賞。
2016年第34回咲くやこの花賞を受賞。
2018年『銀河鉄道の父』で第158回直木三十五賞を受賞。
他の近著に『屋根をかける人』やエッセイ集『にっぽんの履歴書』などがある。

PR

門井慶喜の作品紹介

『天才たちの値段』(2006/09/01)
『人形の部屋 (ミステリ・フロンティア) 』(2007/10/01)
『天才までの距離(2009/12/05)
『血統』(2010/06/10)
『この世にひとつの本』(2011/04/28)
『竹島』(2012/06/20)
『若桜鉄道うぐいす駅』(2012/09/13)
『ぼくらの近代建築デラックス!』(2012/11/29)
『シュンスケ! 』(2013/03/26)
『かまさん』(2013/05/16)
『注文の多い美術館 美術探偵・神永美有』(2014/11/26)
『東京帝大叡古教授』(2015/03/13)
『マジカル・ヒストリー・ツアー ミステリと美術で読む近代』(2015/10/29)
『家康、江戸を建てる』(2016/02/09)
『ゆけ、おりょう』(2016/08/10)
『屋根をかける人』(2016/12/21)
『銀河鉄道の父』(2017/09/13)
『にっぽんの履歴書』(2018/01/29)
『定価のない本』(2019/09/20)
『自由は死せず』(2019/11/20)
『東京、はじまる』(2020/02/24)
『銀閣の人』(2020/09/02)
『なぜ秀吉は』(2021/05/17)
『地中の星』(2021/08/26)
信長、鉄砲で君臨する』(2022/02/09)

好きな端末で読書をはじめよう

ケイチャン

ケイチャン

小説もビジネス書も、200万冊以上自分の好きな端末でで読めるよ!

本を読みたいけれど、重くてかさばるから持ち運ぶのは…とお悩みの方にはAmazonの「Kindle Unlimited」がおすすめです。自分のスマホ・PC・タブレットで利用可能。特にスマホはいつでもどこでも、片手で読めるから便利ですよ!まずは30日間の無料体験からはじめてみてはいかがですか?

【Kindle Unlimited】200万冊以上が読み放題!30日間の無料体験はこちらから▼

オーディオブックで本を聴こう
ケイチャン

ケイチャン

小説もビジネス書も、12万以上の対象作品が聴き放題!

本を読みたいけれど、活字を読むのは少し苦手、忙しい中でのスキマ時間が活用できれば…とお悩みの方にはAmazonの「Audible」がおすすめです。Audibleはプロのナレーターが朗読した本をアプリで聞けるサービス。これなら移動中や作業中などいつでもどこでも読書ができます!今なら2ヵ月間の無料体験ができます!(2024年7/22まで)まずは無料体験のお試しからはじめてみてはいかがですか?

【Audible】12万以上の対象作品が聴き放題!2ヵ月間の無料体験はこちらから▼

PR



カテゴリー:
タグ: