【感想】『推し、燃ゆ』宇佐見りん|病めるときもすこやかなるときも推しを推す|2020年オススメ本10選

235 views
宇佐見りん『推(お)し、燃ゆ』

ケイチャン

ケイチャン

2020年ケイチャンオススメ10選
宇佐見りん『推(お)し、燃ゆ』

PR

【感想】 「病めるときもすこやかなるときも推しを推す」

推し、燃ゆ。良いタイトルです

幸せのピンク世界に、操り人形のように糸に括られる表紙も象徴的で目を引く。

「この本は面白いだろう」と見た瞬間に思いました。そして・・とても面白かった!

アイドルを生活の中心におく、女子の物語です

「病めるときもすこやかなるときも推しを推す」

推しが全てで、生活は荒み、破綻する

終わりの方でのライブの情景が素晴らしかった。

音や熱が迫ってくるよう

前の人に倣い、横の人に併せることが良いとされる今の世で

「好き」って気持ちだけが、ホントの自分かも知れないですね

作品紹介(出版社より)

【第164回芥川賞受賞作】

「推しが燃えた。ファンを殴ったらしい」

朝日、読売、毎日、共同通信、週刊文春、
ダ・ヴィンチ「プラチナ本」他、各紙誌激賞! !

三島由紀夫賞最年少受賞の21歳、第二作にして
第164回芥川賞受賞作

逃避でも依存でもない、推しは私の背骨だ。アイドル上野真幸を“解釈”することに心血を注ぐあかり。ある日突然、推しが炎上し――。デビュー作『かか』が第33回三島賞受賞。21歳、圧巻の第二作。

作品データ

タイトル:『推し、燃ゆ』
著:宇佐見りん
出版社:河出書房新社
発売日:2020/9/10

作家紹介

宇佐見りん(うさみ・りん)

1999年5月16日生まれ、静岡県出身。
2019年「かか」で、『第56回文藝賞』、『第33回三島由紀夫賞』を受賞。
2021年1月「推し、燃ゆ」が『第164回芥川龍之介賞・直木三十五賞』芥川賞を受賞。50万部を超えるベストセラーとなる。

宇佐見りんの作品紹介

『かか』 2019/11/14
推し、燃ゆ』 2020/09/10
くるまの娘』 2022/05/11

PR
カテゴリー:
関連記事