【感想】『代表取締役アイドル』小林泰三|面白くて びっくりしました!おススメです|2020年オススメ本10選

193 views
小林泰三『代表取締役アイドル』

ケイチャン

ケイチャン

2020年ケイチャンオススメ10選!
小林泰三『代表取締役アイドル』

PR

【感想】 「 面白くて びっくりしました! おススメです 」

小林泰三『代表取締役アイドル』 「代表取締役」なんてものは、

おじぃちゃんか おっちゃんのイメージですよね

なのにアイドルなんて! なんてキャッチーでポップ💛

と、愛らしい表紙についつい 手を取りましたが
やばい

「面白くて びっくりしました! おススメです」

作品紹介(出版社より)

会社というワンダーランドに迷い込んだアイドルに襲い掛かる不条理の数々!
……あなたにはバカと戦う覚悟はありますか?

握手会で起こった事件のせいで、アイドル活動ができなくなっていた河野ささら。
そこに降って湧いたのが、ある大企業からの社外取締役のオファー。
たまたまテレビを見ていた社長が、ちょっと気の利いた発言をしたささらを気に入って、思いついた起用だった。

レトロフューチュリア株式会社は、もともとはアンプ用の真空管や、テープレコーダーなどの磁気ヘッド、計算尺といった古い規格の製品の隙間産業で儲けていた。
それが、ひょんなことからレトロフューチュリア社製の真空管を極低温に冷やすと量子ゲートとして作用し、桁違いに安く量子コンピュータが実現できると判明、いっきに世界規模の大企業となった。

イエスマンだらけの役員会、研究所では、データ改ざんは当たり前、逆らった社員には陰湿ないじめが待っている……。
そんな会社で、お飾りでなく、自分の頭で考えようとするささら。
敏腕美人秘書・菜々美とともに、ささらはダメ会社の危機を救えるのか!?

笑っている場合ではない、本当は怖い企業小説!

作品データ

タイトル:『代表取締役アイドル』
著:小林泰三
出版社:文藝春秋
発売日:2020/6/5

PR
カテゴリー:
関連記事