【感想】『ヨルノヒカリ』畑野智美|恋愛しないと、ダメなんですか?

105 views
ヨルノヒカリ|畑野智美

ケイチャン

ケイチャン

【2023年144冊目】

今回ご紹介する一冊は、

畑野智美 著

『ヨルノヒカリ』です。

PR

【感想】「恋愛しないと、ダメなんですか?」

恋愛・・なのかなあ?小説

嵐の夜に運命の出会い?
普通でない、訳アリな2人の
同棲生活を描く物語です

同棲してるけど、付き合っていません!
・・なにか問題ありますか?

オトコとオンナが一緒にいれば
付き合っていると思われるのが
世間一般のフツーというヤツでしょう
当然だよね

でも木綿子(ゆうこ)さんと、
ひかり君の場合は、違うんです

手芸店の店主と、住み込み従業員

母子家庭だった、ひかり君
若くしてひかり君を産んだ母は
自分の恋愛がいちばんで
ネグレクト気味に育てられる
でもお母さんが大好きなんだ

そんな母を亡くして
20代半ばで天涯孤独となる
普通の家庭を知らない
肉親と縁の薄い若者です

いっぽう木綿子さんは
35歳にして彼氏がいたことがない
美しい容姿なのに、なぜ?

恋愛感情が、わからない・・
男の人に触れられるのが怖い
けど家族のいない、ひとりの生活は
嫌だな、子供も欲しいな

「恋愛しないと、ダメなんですか?」

そんな2人が一緒に生活することになる
これが実に自然に、しっくりと馴染む
誰かと暮らすことは、嬉しいこと♪
毎日が楽しいんだ

しっくりこないのは、世間一般の
フツーな人たち

同棲しているなら
付き合ってるんでしょ!
そうじゃないなんて
おかしいじゃん!!

あっさりと馴染む2人の生活ですが
心の距離は、おそるおそるという
感じで近づいたり遠ざかったりする
距離感って難しい

2人がそれぞれ持つ
コンプレックスが障害となり
なかなか壁がとれません
・・じれったいなあ!

ここで『もう、付き合っちゃえよ!』
と思うでしょうが
そうは行かない
だって2人にとって、付き合うってことは
普通ではなく
恐ろしいことなんですから

失うことが恐ろしい!
失って悲しむならば
最初から手に入れないほうが
ましなんだ

恋愛するのが普通の人たち
普通のカタチから
ちょっと外れた心を持つ
2人が悲しくて、愛おしいです

もう生きているだけで
フツーだと言われる
そんな時代になって
いいと思いませんか

作品紹介(出版社より)

いとや手芸用品店を営む木綿子は、35歳になった今も恋人がいたことがない。台風の日に従業員募集の張り紙を見て、住み込みで働くことになった28歳の光は、母親が家を出て以来“普通の生活”をしたことがない。そんな男女2人がひとつ屋根の下で暮らし始めたから、周囲の人たちは当然付き合っていると思うが……。不器用な大人たちの“ままならなさ”を救う、ちいさな勇気と希望の物語。

作品データ

タイトル:『ヨルノヒカリ』
著者:畑野智美
出版社:中央公論新社
発売日:2023/9/7

作家紹介

畑野智美(はたの・ともみ)

1979年東京都生まれ。東京女学館短期大学国際文化学科卒。
2010年「国道沿いのファミレス」で第23回小説すばる新人賞を受賞。
2013年に『海の見える街』で、2014年には『南部芸能事務所』で吉川英治文学新人賞の候補となる。
2015年に刊行した『感情8号線』は、2017年にドラマ化された。
他の著書に『夏のバスプール』『みんなの秘密』『罪のあとさき』『タイムマシンでは、行けない明日』『家と庭』、「南部芸能事務所」シリーズなどがある。恋愛小説、家族小説、SF、犯罪小説などさまざまなジャンルに挑戦しつづける最注目の女性作家。人間の感情を的確に切りとり、言葉で表現する力には定評がある。『消えない月』では、被害者の女性、加害者の男性、ふたつの視点から「ストーカー」の核心に斬り込んだ。

畑野智美の作品

『国道沿いのファミレス』 2011/02/25
『夏のバスプール』  2012/07/05
『海の見える街』  2012/12/06
『南部芸能事務所』  2013/06/21
『メリーランド』  2014/05/21
『ふたつの星とタイムマシン』  2014/10/24
『夏のおわりのハル』  2015/03/25
『春の嵐』  2015/06/17
『感情8号線』  2015/10/08
『オーディション』  2016/05/11
『罪のあとさき』  2016/09/21
『タイムマシンでは、行けない明日』  2016/11/25
『家と庭』  2017/02/24
『コンビ』  2017/06/14
『消えない月』  2017/09/22
『シネマコンプレックス』  2017/11/16
『大人になったら、』 2018/03/07
『水槽の中』  2018/07/12
『神さまを待っている』  2018/10/26
『若葉荘の暮らし』  2022/09/07
ヨルノヒカリ』 2023/09/07

PR
カテゴリー:
関連記事