【感想】『スーパーエンジェル』島田雅彦|家畜どもの楽園

204 views
島田雅彦『スーパーエンジェル』

今回ご紹介する一冊は、

島田雅彦 著
『スーパーエンジェル』です。

PR

【感想】

AIディストピア小説

全知のアルゴリズムAI マザー
全能の機械神に世界を委ねたそこは・・

「家畜どもの楽園」

思考を放棄した役人どもは
今を彷彿させます

異端のロボットが作り上げたのは
「カオスマシーン」
それは現実と対になる非現実を
具現化するもの
死者も生者も等価となる世界

AIのもたらすユートピアに
反旗を翻す
近未来の物語です

確実に訪れるシンギュラリティで
あなたは、誇りと責任を持った
夢見る人であり続けることが
出来ると思いますか?

作品紹介(出版社より)

全知全能のアルゴリズム=マザーに支配され、
生まれながらに階級で選別されて生きる人類。
異端の少年と中古アンドロイドが世界を変えるSF冒険物語

総合プロデュース・指揮:大野和士 台本:島田雅彦 作曲:渋谷慶一郎
子どもたちとアンドロイドが創造する、まったく新しいオペラを小説化!

何も知らない人はいう。パンドラの箱を開けるなと。でも蓋は開けるためにあるんだよ。
希望はここにしかないんだよ。

ある学園の卒業式。卒業生たちは15歳になると適性検査で選別され、全知全能AI「マザー」の管理下に置かれる。
アキラは判定により開拓地に送られることになり、教育係のヒューマノイド型AI「ゴーレム3」と出会う。
ゴーレム3はアキラとの深い心の交流を通じ、恋の切なさや夢見る力を感じとりながら、
世界の秩序を覆す、とてつもないものを創り出そうとしていたーー。

作品データ

タイトル:『スーパーエンジェル』
著者:島田雅彦
出版社:講談社
発売日:2021/7/28

PR
カテゴリー:
関連記事